FirstHedge 明日の投資情報

投資を搦め手で分析します。

トランプの対中関税引き上げ本格化

これからヤバイ 米中貿易戦争

 いよいよ米中貿易戦争が本格化してきました。

 「トランプ大統領は金曜日に放送されたインタビューで、すでに一連の関税で中国を叩きのめした後、中国に対して5000億ドルもの関税を課す「準備ができている」と述べた。
 トランプ大統領は、CNBCとのインタビューで、中国との貿易面では「中国から大きな損失を被っている」と述べ、「中国とはうまく意見を一致させることができない。そうでなければ、米国はいつも中国の後塵を拝むことになるだろう」と付け加えた。
 私は政治のためにこれをおこなっているのではない。私はこうするのは、我が国に正しいことをなすためだ。我々は、長い間中国によって切り裂かれており、私は習近平にもそのことを話した」とトランプは語った。
 ブルームバーグによると、昨年、アメリカには約5000億ドル相当の中国製品が輸入されたという。
 トランプ大統領は、貿易面で米国が中国につねに出し抜かれていると繰り返し主張している。
 トランプ政権は、先月中国製品に340億ドル相当の関税を課し、中国は早速同程度の関税をアメリカ製品に課した。
 アメリカ政府は、2000億ドル相当の中国輸入品にさらに一連の関税を課すと発表した。
 中国は関税引き上げを約束しており、世界貿易機関WTO)にも提訴している。」

Trump: ‘Ready to go’ with tariffs on all Chinese imports | TheHill

 トランプ本人は大したことがないと思うのですが、トランプ外交の中には悪魔的に優れていると認めざるを得ない政策も多数見られるのも事実です。

 今回の対中関税引き上げもそうで、米中貿易戦争の勃発と同時に、中国の習近平体制には早くも動揺が走っています。北載河会議を前にして、習近平に対する批判が徐々に高まっています。墨汁革命もそうですが、対米関係を安定させることができない習近平に対して、手厳しい批判が高まっているためです。

 理屈は簡単で、中国からの輸出が滞れば、中国は貴重な外貨収入を失います。その結果、経済成長の成果を独占的に享受してきた中国共産党の地位は脅かされることになるためです。ですから、中国の共産党大勢を揺るがすのに最も有効な策が、経済的な圧力なのです。

 今後の見通しですが、習近平が三期を迎えることはなさそうです。習近平を打倒する次期の主席は、日米に対して習近平以上の軍事的圧力をかけることになるでしょう。

ロシアによる光学迷彩が完成か

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 (セル版) (映像特典付)

 もう後数年もすれば、攻殻機動隊は実現するのでしょうか。人間の擬体化は無理だとしても、光学迷彩は実現しそうです。見えない兵士、戦車などが登場すれば、戦争のあり方は激変するでしょう。

続きを読む

火消しに失敗したトランプ

伏見上野旭昇堂 2019年 カレンダー 壁掛け まとい FU0028

伏見上野旭昇堂 2019年 カレンダー 壁掛け まとい FU0028

 トランプは自分の好きな方向にどんどん進むくせがあるので、周りがついて行けないところがあります。それが、家族経営の不動産業なら問題はないのでしょうが、「まわり」というのが、現在ではアメリカという国家になってしまっているところが、今回の「火消し」失敗の大きな原因と言えます。

続きを読む

英ウィリアム王子のイスラエル訪問

夢王国と眠れる100人の王子様 BD 1 [Blu-ray]

夢王国と眠れる100人の王子様 BD 1 [Blu-ray]

 少し前のニュースですが、どうにものどに引っかかった小骨のように気になるので、改めて取り上げます。

続きを読む

共和党で袋だたきにあうトランプ大統領

袋だたきの日本―甘くない平和国家の道 (1972年)

 前々回のエントリーでトランプの対ロ政策に言及しましたが、首脳会談が終わってみれば、やはり米共和党からの批判は激しいものでした。

続きを読む