FirstHedge 明日の投資情報

投資を搦め手で分析します。

断末魔の韓国経済

これは救いようがないとハッキリ断言しておきましょう。

北朝鮮という虚構

核査察に関する取り決めが進まない以上、いずれは米朝関係は破綻します。その破綻の前兆が、今回のニュースかも知れません。

日本の純資産はプラマイゼロ

率直に言って、経常収支が20兆円の黒字のところで、国債発行高が30兆円を越えるというのは危機的状況だと言うことは認めても良いでしょう。 だからといって消費税を10%迄引き揚げても良いのでしょうか。このままではIMFが懸念するように、景気がさらに悪…

サウジは平常運転

宰相としてのモハンメド・ビン・サルマンには期待していたのですが、今回の一件は残念な帰結に終わりそうです。ロシアは言うまでもなく、ミャンマーと言い、今回のサウジと言い、ジャーナリストに対する当局からの迫害は、逆にその国の政府に対する根強い批…

ユーロはいずれ廃止

おしゃべりバノンの言うことですから、話半分に聞いておきましょう。

日本政府は、中国スパイを米国に送還するだろうか

アメリカだけでなく、日本も、中国のスパイの被害に遭ってきたのですが、日本もベルギーの例に倣うのでしょうか。

中国共産党、自民党と公明党に言論規制を要求

著名なジャーナリストの方に伺ったのですが、現在中国では音声や画像によって空港にいる時からデータを入手され、本人が持つ携帯電話とリンク付けされ、中国国内滞在中はそのデータに基づいて管理されるとのことです。予定外の行動もできないとのことでした…

米国関税引き上げの影響は?

米国の関税引き上げ攻勢の影響は、まだマーケットには現れていないと言えそうです。

横田のオスプレイはだれのために

横田基地にオスプレイが配備されました。地元では反対論も根強いようですが、誰が利用するのでしょうか。

人民元の壁は崩れたか?

進撃の巨人風に言えば、そろそろ一ドル=6.9元というウォール・マリア陥落といったところでしょうか。アメリカの関税攻勢で中国が劣勢に立たされています。そろそろ、小手先の手段では危機を回避出来ない段階に入ったと見るべきでしょう。

ドル高で外国人投資家5日間に1.7超ウォン売り越し

マーケットの方もじりじりと煮詰まっている感じですね。フラッグが下ろされたら一斉にスタート。そろそろ、そんな気配がします。

また身元が暴露されたプーチンのスパイ

このところ、スクリパル事件だけでなく、次々とプーチンのスパイが暴露されています。これは現在のプーチン清家員の行き詰まりを告げるものでしかありません。

インターポール総裁、逮捕される

銭形警部の上司が逮捕されました。もうお笑いでしかありません。かなり無理筋な逮捕劇ですが、習近平の権力基盤を示すマーカーでもあります。

中国は台湾を見習え

つくづく時代が変わったのだと思います。昨日の続きですが、ペンス副大統領の発言には考えさせられるものがあります。

米中衝突までもうあと一歩

ペンス副大統領の政権での立ち位置を知れば、今回の発言の重大性が理解できるはずです。

朝鮮半島非常事態に備えよう

朝鮮半島情勢は、お笑いではすまない状態に陥りそうです。

これで米中が戦争にならないはずがない

アメリカが気が付くのがもう少し遅れていれば、アメリカは中国に完敗していたことでしょう。経済的にも軍事的にも。

ああ、無常

現代は悲惨な人たちですが、その筆頭に挙げられるのが鳩山元首相でしょう。

影の大物、クシュナー

義理の父親とは違い、仕事はきっちり完遂するよい息子です。

事実上の南北朝鮮統一、始まる

これで南北統一は速まりそうですね。

カナダの関税は高すぎる BY トランプ大統領

カナダとアメリカの間のNAFTA交渉は頓挫しそうです。

正常化しつつあるシリア

アレッポの石けんは昔使っていましたが、手が荒れなくて良かったです。それはさておき、シリアが正常化しつつあります。

祝!バブル越え

バブルというと泡沫というかなんというかネガティブなイメージしかありませんでしたね。それがついにバブル越えです。

プーチンのヒットマン、正体を暴露される!

ロシアの国営放送が、英国が指摘する容疑者は、一般市民であることを示すために、わざわざ容疑者をテレビに出演させました。しかし、全くの逆効果となってしまいました。

中東からパトリオットミサイルを撤去する米軍

第三次世界大戦に向けて米軍の再配備が進んでいます。

態度を硬化させる中国人民解放軍

米中対立はついに軍事面にも及びつつあります。

史上最悪の組み合わせ、イスラム国VSイラン

イスラム国の犯行であることを最初に報道していたのはAFPでした。 フランス系統のテロ情報は正確ですね。

迷走するドイツ憲法擁護庁長官問題

この件は以前に一度取り上げましたが、事態は混迷の度合いを増しています。 誰のせいでこうなったかは、明らかなのですが…。 firsthedge.hateblo.jp

北方領土問題は、進展するか

今回のプーチンの発言は、かなりきわどいものです。

米国債の金利が上昇するのに、ドルが下落する不思議

確かにトルコリラならば、下落するのは理解できます。景気が絶好調のドルが上昇しないのは、少し不可解ですが‥‥。