FirstHedge 明日の投資情報

投資を搦め手で分析します。

トルコの地政学的転向

アメリカとトルコの対立に関しては、トランプ大統領とエルドアン大統領の意地の張り合いとなっており、簡単に解消されそうにありません。

武器売却とNAFTAの行方

トルコへのF35の販売は立ち消えになってしまいましたが、メキシコは事情が異なるようです。

途方に暮れ、混乱するメルケル

紫のオバサンですが、タイトルだけは間違っていない気がします。今回に限り、ですが(笑)

8月の相場観 リラ暴落の後にくるもの

さっき、某所で「FXしかやってない」とカミングアウトしてしまいました(笑)。それはそうと、今後の儲けるネタは次の二つだと思います。

安重根の遺骨発掘事業

韓国は、自国のアイデンティティーを反日にしか見いだせないようです。そして、それは北朝鮮も同様です。

エルドアン、強気の秘密

アメリカ人牧師が15日にアメリカに返還されるという噂ばかりは目にするのですが、どうも実態がありません。トルコの外相は、NATO脱退5秒前のような演説をしていますし、アメリカに対して強硬な姿勢を崩していないように見えます。 エルドアンが、というか、…

エルドアンの決断

暴走機関車、エルドアンが止まりません。国家が経済的に瓦解するのは見たくないものですね。

トルコ・リラ・・・マゾなの?Part2

今回取り上げるのは、イタリアのUniCreditです。

トルコ・リラまだホールドしているの?マゾなの?BBVA編

これは、マダム・ワタナベのことではなく、ヨーロッパの金融機関の話です。今回の危機で倒産する銀行はどこなのでしょうか。その謎に迫ります。

トルコ・リラ下落は何を導くのか

いよいよ、トルコ経済終焉の時間が近づいてきました。

信用の国、日本

SUPER LOVE SONGS! たまには消費文化の話も取り上げましょう。

習近平の権威の低下は、もはや事実

すぐに失脚することはないにせよ、習近平の政治的資産はすっかり減価してしまいました。それにしても、謎なのは今夏の米中対立の本質が多くの人に理解されていないということです。

トルコ・リラ暴落でババを引くのはだれか

A4サイズの ビッグトランプ ビッグカーズ BIG CARDS ババ抜き 7並べ 大富豪 大迫力 プレゼント イベント EK-BIGCARD いよいよトルコ・リラの大暴落の瞬間が迫ってきました。だれが、ババを引くのでしょうか。

韓国雇用減少の理由

韓国では様々な議論があるようです。

スケープゴートとしての王滬寧(おうこねい)

今回は、このブログにしては珍しく、元外交官の宮家邦彦氏の所説を取り上げることにします。

イヴァンカ、父トランプを叱る

東京物語ではありませんが、父親は娘には勝てないものです(東京物語の場合は義理の娘、ですが)。というわけで、久々のイヴァンカ・トランプの登場です。

米中貿易戦争で着実に敗北しつつある中国、それと・・・(8月4日追記)

クイーンズブレイド 美しき闘士たち アレイン 水着で完全敗北! やわらかフィギュア 1/6 完成品フィギュア 習近平の水着で完全敗北は絶対に見たくないですが、完全敗北は変わりがなさそうです。

中国が世界2位の株式市場の座から陥落した意味

真っ逆さまに転落しているもの、それこそ中国経済です。転落を始めた中国経済の象徴的なニュースでしょう。

イスラエル、トランプに激怒する

中間選挙のことしか頭にないトランプ大統領にとって、イスラエルとの約束すらどうでも良いものなのでしょう。しかし、これにはネタニヤフ首相は激怒しているはずです。

一帯一路の失敗で、習近平も終わりか

一帯一路もそろそろ終了のようです。

コーク兄弟にトランプが三行半

これにはたまげました。

自民党・二階派44人がソウルで研修会

普段は日本のニュースは取り上げないのですが、今回は興味深い内容です。

不満はあってもやっぱりトランプ

アメリカの保守層にも、トランプ大統領への不満があります。そうはいっても、共和党支持という基本路線は揺るがないようです。

マティス国防長官、イラン攻撃を否定

マティス国防長官はこのところ、トランプ大統領の政策決定過程からはずされています。結局、中東での戦争はさほど遠くないということです。

危ないトランプ

そろそろ、トランプ大統領のリスクを考えるべき時期でしょう。

失脚しそうな習近平

習近平独裁はかなわなかったということでしょう。

どう転んでも米中戦争は始まる

現在は、まだ貿易戦争の段階ですが、あと数年もすれば、米中の軍事衝突が始まる可能性は高いでしょう。

いつまでたっても自分が嫌われる理由がわからないロシア

こんなことをするから、嫌われるということがプーチンにはまだわからないようです。

アメリカよ、さようなら。

習近平は無事外遊に出発したようです。中国に関してはまた何かあればお知らせします。 それはそうと、タイトルにある通り、ドイツはアメリカから離れるようです。

中南海異聞

久しぶりに中華系のサイトを見るとびっくりするような話が掲載されていました。